寝活とは睡眠時間を活用して美容効果を高める事を言います。

寝活をずっと「ねかつ」だと思ってましたが「ねるかつ」が正しいそうです。ふんどしの貴公子です。
正直、今日はじめて知った言葉だったんですが、昔っからある言葉何でしょうか?
まさに夜だけふんどしも寝活(やっと変換できた)ですよね。
履いて寝るだけでキレイになれる~わけですから。

a0002_008646_m

新しい寝活「夜だけふんどし」

美しなるための一番の近道はなにか?

それはグッスリ眠ることです。

人は就寝中に細胞が生まれ変わり、肌の修復や再生が行われます
しっかり眠れている人はストレスホルモンの分泌が少なく免疫力も高くなりますね。
更に内蔵が活発化したり血行促進で身体が温まると寝ているだけで自然とカロリーを消費してくれます。

まさに寝ているだけで美容にもダイエットにも効くわけです。

辛く苦しい運動や、美味しくもないダイエット食品を続けなくても、キッチリと質の良い睡眠を取れば美しくなれるのです。

じゃあ長く寝ればいいのか?と、いうとそういうわけでもないのです。

大事なのは睡眠の質です。

実はこの睡眠の質を大きく下げているのが「パンツ」だったりするのです。

睡眠の質を下げるゴムストレス

パンツにはゴムが使われていますよね。
特に女性のパンティはウエストだけでなく、モモ周り(鼠径部)にもゴムがあります。実はこのゴムが曲者なのです。
パンツは密着しなければいけない。と言うのは誤解です。
むしろ寝ている間は密着していることでデメリットの方が多かったりします。

参考:寝ている間に緩む越中ふんどしは下着としての機能が無いのか?

身体を締め付けるゴムがあなたの安眠を妨害しているのです

鼠径部のゴムが血流を圧迫

鼠径部は血管やリンパなどが流れる部分ですが、ココが詰まってしまうと冷えやむくみの原因になります。
特にむくみは見た目にも影響がありますよね。
ダイエットしているのに一向に脚の太さが変わらない・・・という人はむくみが原因の可能性があります。
リンパの流れが良くなるとパンパンだった脚が細くなる訳です。

ゴムが密着することでストレスが発生

ゆるいパンツでもゴムは伸縮するので、身体が呼吸などで膨らんだりしぼんだりする動きにピッタリとくっついてきます。
実はこれは身体が知らないうちにストレスとして感じています。
寝ている間ずっとゴムストレスがあると自律神経に乱れが生じて、本当のリラックスが出来なくなります。

そこに「夜だけふんどし」

その点ふんどしは寝活に最適な下着です。
締め付けられないふんどしはゴムストレスとは無縁の存在です。
そんなふんどしが最近では見直され、美容に敏感は女性たちの間で密かなブームになっているのです。
寝るときにだけはく下着としてカワイイデザインのふんどしがたくさん登場しているのです。

試してみたいけど・・・

という方のためにおためし価格での販売をスタートしました。
ふんどし初心者にも人気のもっこふんどしというふんどしパンツです。
ヒモパンの要領で着用できます。
一度ふんどしを試してみたいという方に最適です。


【メール便 送料無料】女性用/レディース オシャレなダブルガーゼMOCCOふんどし

あなたも寝活に夜だけふんどしをプラスしてキレイになってみませんか?